SQL開発環境A5:SQL Mk-2でデータを簡単に登録する方法

f:id:kirakira_rin:20171022104656j:plain

 

今回は開発で使うSQL開発環境であるA5:SQL Mk2というソフトについて

紹介したいと思います。

ソフトの紹介

アプリの開発をするときにデータベースを使うことはほぼ必須です。

その中でもA5:SQL Mk2というソフトは

 SQL文の入力支援やER図作成などの機能を備えた高機能なSQL開発環境。ADOやODBCドライバーを利用して各種データベースに接続可能で、本ソフトで作成したSQL文を実行し、その結果を表示できる。また、SQLの実行計画を取得したり、実行結果を「Microsoft Excel」へ出力することも可能。

窓の社より引用

 

forest.watch.impress.co.jp

とかなり高機能なソフトであります。

今回ご紹介したいのはこのソフトを使ったデータの登録の仕方です。

データ登録の仕方

通常の方法

テーブルにデータを登録する際は一般的にINSERT INTO文を

使用します。

もちろんこのソフトでも可能です。

①実行前

f:id:kirakira_rin:20171022102126p:plain

②実行文

f:id:kirakira_rin:20171022102213p:plain

③実行結果

f:id:kirakira_rin:20171022102234p:plain

 このようにデータを新たに登録することができます。

 

ただ、一つや二つのデータなら問題ないのですが

たくさんのデータをINSERT INTOで登録するのは結構大変です。

紹介する方法

登録したいデータをあらかじめエクセルで用意しておいて

そのまま張り付ける方法です。

具体的にはこんな感じ。

 

①実行前

f:id:kirakira_rin:20171022102234p:plain

②用意するデータ

f:id:kirakira_rin:20171022103306p:plain

登録したいデータをコピー。

 

次に実行前のデータの表で下矢印キーを押すと

f:id:kirakira_rin:20171022103552p:plain

こんな風に一番下にアスタリスクがついたレコードが現れますので

そこで右クリック。

 

そうすると

f:id:kirakira_rin:20171022104059p:plain

 こうなりますのでレコード貼り付けを選択しますと

③実行結果

f:id:kirakira_rin:20171022104219p:plain

こうなります。一瞬で終わります。

注意

登録できないデータ(型が合わないとか文字数が多すぎるとか)は

登録できません。

まとめ

開発にテストデータを登録するとき大量のデータを登録することが

あると思います。

 

もし使う機会がありましたら試してみてください。

 

おしまい